スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/----:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三ノ輪『亀島』 

20060331190621
立石から青砥まで歩き京成線でもって新三河島でぶらり。結局三ノ輪まで歩いちまった。

夕刻過ぎて物凄く強い風が吹いて来た
『亀島』の暖簾も今にも吹き飛びそうだがおかあさんや馴染みのお客さんが都度飛ばぬように留意していた。
さて今日は昔なつかしい「えぼだい」塩焼で久々に「瑞泉」二杯。
スポンサーサイト

[2006/03/3119:06] 呑み | TB(0) | CM(2)

京成立石『宇ち多』 

20060331164814220060331164814午后三時半過ぎ入店。かなり空いてる。久々にアニキ担当エリア(若干マスター、おかあさんも)
「テッポウハツ入れてお酢」「煮込み」「ツルタレ」「お新香ショウガ乗っけてお酢」「ナンコツ素焼き焼いてお酢」で「梅」みっつやってお勘定。

※ソウさんの「カシラタレ焼いて若焼き」の名調子なぞ聞きながら心地よく呑む。。



[2006/03/3116:48] 呑み | TB(0) | CM(2)

新宿『らくがき』~『若月』 

200603241903112
20060324190311
週末の横丁、世間様は月給が出たらしく、どこの店も大賑わい。『カブト』なんざ鈴なりだ。

オレはと云うと口開け間もない『らくがき』に飛び込んだ。「白波」ロック貰って「レバ刺し」ゴマアブラ塩。今日もコリコリ。
店内かなり混んで来たので結局「白波」二杯で早々にお勘定。

この後、『若月』で「やきそば(大)」を掻っ込んで帰る。

小さい皿にトンガって盛られる「やきそば」を崩さないように喰らう。¥420

[2006/03/2419:03] 呑み | TB(0) | CM(2)

三ノ輪『亀島』 

今宵はどうしても呑りたくてしょうがなかった。いい仕事をしたわけではないが、こんなオレだって一心地つきたい(いつも一心地だが)。

ほぼ口開けで暖簾をくぐり「久米仙」に「ブリの照り焼き」を注文。いつもの如くお馴染みさんたちと世間話しながら呑むのは旨い。「ブリ照り焼き」美味くいただく。「久米仙」二杯でお勘定。

帰りしな大関横丁の『亀』常連各位および快楽亭ブラック師お気に入りの『峠のそば』にて「天玉そば」手繰る。

[2006/03/2219:36] 呑み | TB(0) | CM(2)

新宿『らくがき』 

あかあさんと弘基くんにテレビ見たヨと報告しつつ「白波水割り」③、「煮込み豚足入り」①、「トントロ」②、「スパゲテーサラダ」①。

六時過ぎると予想通り混んで来たんでお勘定。

この後『かめや』で「天玉そば」手繰ってけえる。
[2006/03/1511:27] 呑み | TB(0) | CM(2)

新宿『カブト』 

200603141909152
20060314190915
むふふ、待望の『カブト』だ!
「ひととをり」に「上新」、「まるしを」に「キンミヤ」②。

その後、伊東さんと連れション(爆)

[2006/03/1419:09] 呑み | TB(0) | CM(2)

大衆の息吹(若干ブルジョアの臭いあり 

20060311153907


『槇島』の後、渋谷に用があったんで銀座線に乗る。

渋谷に着くと少し時間アリ。もう少し呑みたいので『富士屋本店』へ。

もの凄い人!活気!大衆の息吹を感じるも週末の着飾った若い男女サラリイマンが多く集団で呑んでいるのでさほどデイープではなし。二人で麦酒オオビン① 焼酎レモン炭酸②~③ハイ分、ハムとキヤベツ①、あじ天①、トマト①でした。
[2006/03/1115:39] 呑み | TB(0) | CM(2)

酒屋の角打ち 

200603101927132
20060310192713
夕刻、御徒町~上野に行く用事あり、喉を湿しに『槇島酒店』へ。
噂通りのdownhome好きする雰囲気。愛嬌があり粋で鯔背で失礼ながらチョイトかわいらしい感じのおかあさんに昔、さぞやおモテになりご婦人方がほおって置かなかったでしょうてえ御主人(江戸弁的には"ごしじん")の名コンビ。

「ヱビス黒麦酒」に「コンビーフ」「玉露ハイ」に「チーかま」二本でした。
大相撲に造詣の深いご夫婦を囲んで日曜から始まる大阪場所談義。

[2006/03/1019:27] 呑み | TB(0) | CM(2)

『富士そば』 

20060307205406
「カツ丼セットもりそばで」。やっぱり富士そばのカツ丼うまい。最高也。

[2006/03/0720:54] 喰い | TB(0) | CM(2)

思い出横丁『らくがき』 

20060307194802
今宵はおかあさん『天童よしみ他歌謡ショー』におでかけのため弘基くんしとりで大忙し。

「大自然」ロック3に「煮込み豚足入れて」「さつま揚げニンニク醤油で」でした。

[2006/03/0719:48] 呑み | TB(0) | CM(2)

ブルースヲタクの愛読書 

20060305152724
200603051527242
 と云っても雑誌だ(笑)

いつも鞄にかわりばんこに放り込む。

①レコードコレクターズ 1987年12月号 50年代シカゴ・ブルース特集

この本に掲載されていたアルバム50選を参考にレコードを聴き漁った。人名辞典は今や貴重。

②ブルース&ソウル・レコーズ Vol.38
エルモア・ジェイムス特集
ここまでエルモアのことを詳しく書いてある本は今の所ない。来歴、ディスコグラフィー、人名辞典など、伝記が出るまではこの本でエルモア研究です。

両方ともボロボロ。表紙取れそう(笑)
でも何年も飽きずに読んでます。

ブルースヲタク上等!

[2006/03/0515:27] ブルース | TB(0) | CM(6)

新橋『げんき』 

20060304120314
新橋駅SL広場前ガード下の牛めし屋『げんき』で朝飯
「牛めしセット(牛めし、味噌汁、お新香)」で450円。

店内は密室と云った感じで不潔てえわけではないが清潔でもなし。オレンジ色の装束をまとった店主がリズミカルな動きで牛めしを供してくれた。

かなり濃くすき焼き風の甘めの味付け。七味と紅生姜ぶっかけかっこむ。かなり好きかも。

[2006/03/0412:03] 喰い | TB(0) | CM(4)

新宿『長野屋食堂』 

200603031743082
20060303174308
帰りがけに南口前『長野屋』でめし。

ここは入口の受付の様なとこで店のおばさんから食券を購入するシステム(と云うか前金制?)

「サバ煮付け定食」注文。小振りな切り身が二枚。付け合わせの切り干し大根ともども濃いい味付けで◎。
値段は¥700だが超一等地ゆえ致し方ないなし。

昔っからある素晴らしい食堂です。

[2006/03/0317:43] 喰い | TB(0) | CM(2)

らくがき~岐阜屋 

20060301010620
木場から新宿へ。

『らくがき』で「白菜おしんこ」つまんで「白波水割り」二杯。おかあさん一人で忙しそうでした。

その後『岐阜屋』で「チウハイ」に「トマトたまご炒め」で〆。


[2006/03/0101:06] 呑み | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。