スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/----:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

それでも私はブルースが好き 2005-11-13 

日曜特労を終え、中野に戻る。昼からピエール氏と個人練に入ろうとスタジオを物色するも、どこも塞がってやがる。

んで、ピエール氏が昨日チェッカーで長浜太郎氏と大竹史朗氏が阿佐谷のカラオケボックスでリハしたと訊いたらしく、仕事中の大竹氏に電話。手掛かりを得て2人して阿佐谷へ...ヒントを頼りに方々歩くも、それらしきカラオケボックスはなし。

歩いても一向にわからないんで長浜氏にも電話してやっと場所判明。勇んで向かうも閉まっており、開店は夕方のようなので、近所の酒場で呑んで時間をつぶす。さて、今夜もチェッカーに大竹氏が出るので(大岩氏のバック)、応援に行こうと云うことになり、親切心からドラムを手配してあげようと、てっちー氏(fromデルタ兄弟)にお願いする。

しばらくして長浜氏もギターを持ってやってきたので、そのボックスに再度向かうも一向に開く気配なし。しょうがねえから阿佐谷の北のハズレまで歩き、日大二高通りのスタジオをやっとこさ確保する。遂にスタジオ難民状態から脱す。そのスタジオも明日から改装工事に入ると管理人の親爺さんが教えてくれた。危なかった。しかし、この親爺さん、よく喋る!「頑張ってよ~!日本一目指して!」とヨクワカンナイ応援を頂く。

スタジオではお馴染みのランニング・シャッフルの稽古を1セット40分(筋トレか!?)。今日はオレのニガテなアッパーなシャッフルを重点的に行う。やはり勘がいいのか長浜氏はの飲み込みが早い。延々シャッフルをやってるうちに気持ちよくなったと云っていた(笑)。オレ、手がつりそうになりながら頑張るも今ひとつ。やはりモタってしまうんだよな。でもコツは掴んだから次の練習でもう一度演りたい。
その後、スローやワンコードも40分毎やってお終い。

んで、その脚でチェッカー。昨日と同じ展開...
店に入ると既にてっちーは待っていてくれた。んで、結局ピエール氏もベースで参加。期せずしてフルバンド(大岩、大竹、榎戸、ピエール、てっちー)。オレと長浜氏はカウンターで観戦。

ん~やはりピストル史朗のギターは凄まじいね。的確なバッキング+切り込み鋭いオブリはいいね。スネアとハイハットだけだったけど、てっちーのドラムもとても良かった。

ステージ終了し、帰えろうかな思ったら、長浜氏が急にライブをやりたくなったらしく(笑)シカゴへ飛び込み直談判。これには皆驚いた!長浜君は凄いな~、ブルースバカ一代だな~、隙あらば演奏だもんな~と感心しつつ皆で店へ。

なんとか1セット分の時間がとれたとのことで、長浜⇒オレ⇒大竹の順で唄う。てっちーはスネアがないのでテーブルの上に紙を敷いて叩く。
[You Don't Have To Go][Elevator Woman]の2曲唄う。
ここでも長浜・大竹コンビは絶好調。オレと違って、疲れなど微塵も見せず大好きなブルースが演れる悦びを噛み締めていた。

根本さん、お客さん、ミュージシャンの方々、突然のライブ・ジャック失礼しました。

昼間から夜中までぶっ通しのブルース・タイムもそろそろお開き。長浜・大竹コンビを店に残して、てっちー、ピエール氏と終電で帰る。
身体には堪えるけど内容の濃い、充実した1日。それもこれもブルースを愛しているからこそ為せる業だよな。













隙あらば演奏...
スポンサーサイト

[2005/11/1401:07] ブルース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://downhome.blog19.fc2.com/tb.php/123-de27cbc0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。