スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/----:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いつまでも暑いですね。 亀島@三ノ輪 2005-08-26  



さて今夜は『亀島』へ。店に着くとおかあさんが丁度暖簾を掛けているところだった。やはりちょっと早過ぎた。
「いつまでも暑いですね」とおかあさん。ホントだよね。こんな日は「泡盛」さ。

秘伝の45年物(だそうです)の古酒(クース)は底をついてしまった為、瓶の「泡盛」がいくつか用意されていた。「久米仙(35°)」と「瑞泉(30°)」があったので、当然「35°」のほうを水で貰う。
うむ...これは、いつも呑んでた40°に比べると呑み易いね、やはり。

引き戸が開いて、豆腐屋さんが豆腐を届けに来た。夏らしく「冷奴」でも貰おうかな...

結局、おかずは「たらこおろし」を貰う。これはいいアテになる。

三々五々、お馴染みさんが集まって来たな。
「お通しはピーナツとお豆腐どちらがよろしいですか。今、お豆腐屋さんが来たので...」とおかあさん。皆、当然豆腐。

オレは豆腐屋さんが来る前にピーナツのお通しを貰ってたんだけど、おかあさんはオレにも豆腐くれた。うわ、どうもスイマセン。

「たらこおろし」半分以上残して一杯目を干した。隣の方に、おかあさんが「瑞泉」を注いでいたのでついでに貰う。

するとおかあさんがチョークでカウンターの端に「ク ズ」と書いた。
「気分悪いでしょうけどごめんなさいね。書いておかないと忘れちゃうの」
そっか、違う種類のを頼んじまったもんだから却って面倒くさくさしちゃったな。

「瑞泉」はちょっと軽めで、オレには若干呑み易すぎちゃうな。
「たらこおろし」も少なくなってきた。他の方の注文に乗じて「まぐろぶつ」貰う。

「昔のお客さんは瓶の泡盛を嫌がったので瓶を出そうかどうか悩んでいたんですよ」とおかあさん。そう云う経緯があったんだね。

「でも瓶は注ぎやすいわ」だって(笑)

さて意地汚いオレは規定の三杯目。新たに空けられた瓶はただの「久米仙」。さっき呑んだのは「久米島」のやつ。今度はそれとは違う「久米仙」。35°である。

あら、スイマセン。またチョークで「ク」を書くおかあさん。「ク ク ズ」。うわ、「久米島」とは違う種類だからな。都合三種利も呑んじゃった。おかあさんに手数を詫びると「いえいえ色々呑み比べてください」。でも、これが一番今まで呑んでいたのに近い。旨いな。やはり古酒のようだ。まろやかなんだよな。

で、「まぐろぶつ」。このみょうががいいツマミになるんだよ。「まぐろ」と一緒に喰べてもいいし。うん、旨い!

さて、すっかり長居をしてしまいました。「また寄せて貰います」と云うと丁重なお辞儀とともに御挨拶。
いやっ!おかあさん、どうもご馳走様。

スポンサーサイト

[2005/08/2619:03] 呑み | TB(0) | CM(2)

はじめまして 「亀島酒場」で検索しましたらこちらのホームページに辿り着きました。先日8/12に御伺いしたところ、今月で閉店されるとの張り紙がありました。二、三年前から三月に一遍程度ですが、行っていました。アテを待ちながら呑む泡盛がもう味わえないのかと思うと寂しい限りです。
[2005/08/29 17:51] ohjidesu@hotmail.com ohji [ 編集 ]

>>>ohjiさん

そんな貼り紙あったかな。オレが行った時は見当たらなかったけど...とりあえず暖簾くぐってみては?
[2005/08/29 19:20] downhome [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://downhome.blog19.fc2.com/tb.php/18-ea60d9ed




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。