スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/----:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Crawling With Mr.Nabee① 庚申酒場@庚申塚 2005-10-07 

05_10_07_19_35.jpg

さて、『亀島』で呑んでたら、シカゴ・ビート、ケン・カワシマのバンドなどで有名なドラマー、Nabee氏から連絡。予てからの懸案であった『庚申酒場』に行く事に。

大塚で待ち合わせて15分ほど歩いてお店へ。す、素晴らしい佇まい。こんな酒場があったとは!さすがはNabee氏。嗅覚が鋭いね。

この人の偉い所はネットや本などの情報を一切利用せず、趣味(?)の散歩中に自分の脚で歩いて酒場を見つけるところ。んで、「これは!」と云うピンっと来た店をオレにも紹介してくれる。

さて年季の入ったL字カウンターの隅っこに腰を下ろし先ずは「烏龍割り」。くへ~このサッポロの烏龍茶がナンとも云えねえね!
ナカは寶焼酎でお猪口大のグラスの下に受け皿を敷いて注がれる。
正面は炭火の焼き台。その上に薬缶が乗り湯気を立てている。

ここは愛想のよい、おかあさんがひとりで営んでいる。店内のあらゆるパーツがは激渋であるが、カラフルな椅子だけがやけに目立つ。シュープリームスの衣装でこんなのあったな。

では、早速「おでん」貰ってガンガン呑み喰らう。「おでん」味が染みているな。玉子なんぞ茶色くなっているぜ。ナカおかわりだ!

おかあさんは戦前戦後のこの界隈の昔話をしてくれた。Nabee氏と共に耳を傾ける。

さて、ソトを「ホッピー」にチェンジして、やきとりを何種類か焼いてもらおうかな。うぉう!旨い!絶妙な焼加減だな。柔らかいなァ!
その後もおかあさんを交えて世間話をしながら呑みまくる!

すっかりまったりしちまったトコでお勘定。おかあさん、また来ます!いやぁ、いい店だ。さぁ、Nabee氏、次はどこに行こうか。


                                                     
スポンサーサイト

[2005/10/0804:21] 呑み | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://downhome.blog19.fc2.com/tb.php/77-8aa635e9


ザ・シュープリームスの名盤2枚を一組に

ザ・シュープリームスの名盤2枚が一組
[2005/10/21 18:02] URL ブラックミュージック名曲名盤試聴


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。